排水管の補修を不要にするための裏ワザ

長く住居に住んでいると、いくら日頃から気をつけて住まいのメンテナンスをしていても、家のどこかに修繕が必要となってくるような場合もあるでしょう。その中でもよく聞くのは、排水管に関するトラブルでの修繕で、いきなり水漏れなどが発生してその箇所の補修を必要としているといった話をよく聞くことがあります。もしも水漏れが発生しているのを見つけた場合には、まずはその規模がどの程度であるか、よく観察する必要があります。内部の部品を交換する必要があるほどの規模でなければ、ご自分の手でできるような、排水管の業者を必要としない程度の簡単な補修にとどまれる裏ワザもあるのです。長く住むほどに、急に起きることの多い排水管の水漏れにも慌てることのない方法を知っていただき、ぜひ生活の中でも役立ててほしいです。

排水管の水漏れは簡単にアイテムで補修できることもあります

排水管に水漏れがあった時に、業者を呼ばずに簡単に自分で補修をしたいと思ったら、漏水テープというものが販売されています。漏水テープを水漏れが発生している場所にしっかりと巻いてしまえば、簡単に補修が済ませられます。しかしこれは全ての箇所に使えるアイテムではなく、例えばキッチンにおける床下の浸水や蛇口のパッキンの劣化などには有効ではありませんので注意が必要です。非常に耐久性が優れていて粘着力もあることから、業者による水漏れ修理でもこの漏水テープは使用されるケースの多いアイテムですので、実践として利用される場面はとても多い品です。工務店やホームセンター、通販などでも購入できますので、急な水漏れになどに慌てないためにもひとつ用意をして備えておくだけでも、水漏れ対策としては安心することができるでしょう。

簡単に排水管の補修ができるテープは様々あります

この他にも漏れのある排水管のパイプの箇所に巻くとすぐに固まって、半永久的に使えることを謳っているテープもあります。破損したパイプにこれを巻きつけると、乾くとまるで金属のように固まるために、半永久的に水漏れ部分の補修ができるというものです。基本的にテープ補修では巻きつける場所の汚れを綺麗に拭き取ってから使用します。半永久的に固まるテープを20センチから30センチほどの長さに切り、強く引っ張りながらパイプに巻きつけていくのがコツです。その時にテープの幅が最初の半分ぐらいになるまでは引っ張ることが必要ですので、力の強い男手があった方がこの作業もやりやすいでしょう。漏れている部分に集中して巻きつけて、最後の末端は巻き終えたテープに強く押しつけると密着して完了です。このように排水管に適したアイテムを使って上手に乗り切りましょう。