排水管の補修をお得に依頼できる業者を見つける方法

生活の中で出る排水を流す大事な役目の排水口・排水溝・排水管。毎日排水が流れるこれらの箇所は、同時に劣化してしまう危険性が続いていて、 10年以上経っているといつ水漏れが発生してもおかしくない状態です。水漏れトラブルなどは簡単に起きないよう設計されていますが、もし水漏れが起こった場合、どのように補修すればいいのでしょうか。接続部からの漏水、パイプが破損していない、床から水が滲み出ていなければ、基本的に排水パイプ内の汚れが詰まっている可能性が高いです。おそらく排水口や排水溝から水が逆流したり溢れていたりといった症状も見えるのではないでしょうか。そういった場合、重曹を使用したり市販の洗浄洗剤を使用すると、解消されます。ただし、入れ過ぎると石鹸カスが蓄積するので、少量ずつゆっくり行うのが効果的です。

排水管の水漏れトラブルを簡単に補修する方法

先程もお話ししたように、水漏れの原因がパイプ内の汚れが原因であれば、重曹や市販のパイプ汚れを取る市販洗剤を使用し、パイプ内の汚れを取り除きます。それをしても水漏れが直らないようであれば、排水管の接続部分をよく見てみましょう。そこから水がチョロチョロと漏れていたり、ナットが緩んでいるようであればそこを締めてみましょう。強く固く締めれば水漏れも補修できるし、緩みにくくなるし暫く補修も必要ないし、一石二鳥と思われたならそれは間違い。 逆に排水パイプに余計な圧力をかける原因になりかねず、最悪の場合破裂や破損を引き起こします。補修したつもりが余計な修理費を払う羽目になったなんてことにならないように、接続部分を締める場合には、慎重にゆっくりと、締めすぎないようにすることが先決です。

何をやっても排水管の補修が上手くいかない場合は、業者を頼りましょう

排水管の詰まりも見た、接続部分の緩みも確認した。それでも水漏れが直らない場合はおそらく接続部や排水トラップなど、内部のパーツが劣化、破損している可能性があります。壊れた部品は取り替えることができるので、部品の取り替えは最後に考えましょう。この時のポイントとしたら、必ず同じ部品を取り換えましょう。あとは、規格や互換性のあるものを選びましょう。一番いいのは、壊れた部品をお店に持っていき、同じものを店員さんに選んでもらいましょう。そこまでやっても補修が上手くいかない場合、業者を頼りましょう。無理をして大きな工事に繋がっては、余計に費用がかさんでしまいます。そうなってからでは遅いので、そうなる前に業者さんに修理の依頼をしましょう。頼れる業者を知らない場合はインターネット検索で簡単に出てきます。そこからいくつかの業者に見積もりを依頼し、業者を絞ったら電話などで詳しい話を聞き進めていきましょう。