初心者にオススメの排水管の補修方法

排水管が詰まったなどのトラブルは普通に生活をしている中であまり起こらないことです。しかし、まれに起こるこのトラブルは滅多に起こらないことだけに自分で補修をすることが大変と言えます。プロに頼めば簡単に治りますがお金がかかりますし時間が無いときや、応急処置をしないとどうにもならないときなど初心者でも知っておくと便利な補修方法はあらかじめリサーチしておくことがおすすめです。例えば詰まってしまったときなどは水が溜まってしまって大変ですので自分でできることがあればとても助かります。パイプをクリーニングする洗浄剤などは常備しておくことがおすすめです。ある程度の詰まりであれば、この洗浄剤を排水管に流すことで改善することができます。それでも治らなければ他の方法を試してみましょう。

初心者でもできる排水管のつまりを補修する方法

排水管の洗浄剤を流しても補修ができない場合は、すっぽんを使うことをおすすめします。初心者の方があまり高度なことをやろうとするとさらにトラブルがひどくなってしまったり二次被害が出てしまう可能性もあります。まずは単純な方法から試すことがおすすめです。すっぽんはとても原始的な方法ですが劇的に詰まりが改善されます。ただがむしゃらにポコポコと行なってもつまりは改善されません。洗面台での詰まりならば水を一杯に貯めて給水口にカップをまっすぐ押し当てます。力を目いっぱい当てて押しつけ空気をしっかり押し込んだのち、まっすぐ上に押し上げることで詰まりが取れて行くわけです。しっかりと改善されるまで同じ方法を何回か繰り返すようにしましょう。中途半端に詰まりが残っているとまた同じ症状が起きてしまいますのでしっかりと最後までやることが大切です。

排水管の補修と同時に原因もしっかりと取り除くようにしましょう

排水管の補修は、きっちりと改善することが大切です。しかしどんなに一生懸命補修を行なっていても原因を取り除かなければ、また同じことが起こります。例えば排水管が詰まる原因としては、お茶っ葉などの細かい生ごみをそのまま流してしまったり、てんぷら用の油などを直接排水溝に流してしまったりすると詰まってしまうわけです。ネットを排水溝の受け口にかぶせることで生ごみがそのまま排水管に流れることを防ぐことができます。使い古した油は凝固剤を使ったり、新聞紙などでくるんでそのままゴミ袋に捨てることで詰まりを防ぐことができるわけです。また浴槽の髪の毛の詰まりなども同様で、排水溝のところにゴミ受けのネットをかぶせることをおすすめします。流してしまったゴミは早めに取り除くことで大きい詰まりになることを防ぐことができるわけです。