自宅でできる排水管の掃除と補修

キッチンのシンクや洗面台、トイレなどの排水口から繋がっている排水管というのは、排水ます、公共ますを通じ公共の下水道へと繋がっていますが、生活排水を流す排水管は水だけでなく、さまざまな物質を同時に流し込みます。そのため、長期間使用された排水管には徐々に汚れが蓄積され、結果錆びたり劣化してしまい、つまりや流れにくさの原因となってしまいますが、排水管のつまりや流れにくさを長い間放置してしまうと水漏れの原因となる危険性もあるため、水の流れが少し悪く感じる場合は市販されている薬剤を投入したり、高圧洗浄機で汚れを洗い流すことでつまりを解消することが必要です。また、排水管の水漏れが生じた場合、排水管を補修するためには、専門業者に依頼する必要がありますが、最近では簡単に排水管の水漏れを補修できる補修テープもホームセンター等で購入することができるなど少々の水漏れなら業者に頼まなくても対処することが可能です。

排水管が水漏れなどのトラブルを起こした時の補修ポイント

水漏れ等の排水管トラブルが起こった場合、排水管自体が古く劣化した状態であれば業者に依頼するのが一番ですが、排水管が水漏れを起こした場合はボルトやナットの緩みを直すことで水漏れが解消する場合もあるので、排水管が水漏れを起こした場合はまず、排水管のボルトやナットは緩んでいないか確認してみることも大事です。また、排水管の水漏れやつまりはゴムパッキンなど排水管内部のパーツを交換するなど簡単な補修だけで改善されることもあります。しかし、業者に頼まず自分で排水管を補修する場合は注意も必要で、例えば、小さな水漏れであればボルトやナットの緩みを締め直すことで水漏れが解消することもありますが、ボルトやナットを締めすぎてしまうと逆に排水管が圧迫されてしまい接合部や配管の故障につながってしまう場合もあるため、ボルトやナットを締め直す際はある程度余裕をもたせるということも大事です。

自宅でも簡単にできる排水管の掃除&補修

排水管がつまったり、水漏れが起こってしまうと生活にも支障をきたしてしまいますが、排水管のトラブルを防ぐためには日頃から排水管の掃除を行っておくことも大切で、ワイヤーブラシでこまめに掃除することで、こびりついた汚れを落とすことができます。また、キッチンの場合は排水口に重曹と酢、洗面所やお風呂場の場合は排水口に重曹とクエン酸を振りかけることで、油汚れや皮脂汚れを分解することができます。しかし、つまりは比較的簡単に解消させることができますが、水漏れはどこで発生するかわからない分、補修も大変です。でも、目に見える配管から水が漏れている場合は、水漏れ専用の補修テープを用いることで自分でも応急処置をすることはできます。補修テープには自己癒着テープや防水補修テープなどの種類があり、水漏れの規模や水漏れ箇所に合わせて活用することができます。

「工事直販」だからこそスムーズな意思伝達とコストダウンが可能になりました。施工エリアは、埼玉、東京の全エリア。 現場調査、お見積りは無料のフットワークが自慢です。 価格、納期、品質等お客様に合った工事提案をします。 マンション(55世帯)水道メーター廻り更新・吸排気便工事は約1週間の工期で約370万円からです。 経年劣化による排水管の補修ならsankouでお任せください